G-InforBIO のバックアップ(No.1)


研究内容紹介

G-InforBIO は 国際塩基配列データベース(INSD, DDBJ/EMBL/Genbank) から公開されているゲノム情報を中心に端末のパソコン上で効率的に統合・解析できるツールであり、フリーソフトウェアとして提供されている (http://www.wdcm.org/)
本ツールの主な機能は、

  • アノテーション情報の編集
  • 配列データの相同性解析
  • クラスタ解析
    である。
    解析プログラムは現在 9 種類搭載されている。これらの機能を利用することで、近縁種間の比較ゲノム解析やゲノムを対象とした遺伝子単位などの配列断片の網羅的解析など、ゲノム情報を活用することが可能である。